ごあいさつ

ごあいさつ

ph_president

公益社団法人 日本数学教育学会
会長 藤井 斉亮(フジイ トシアキラ)

 日本数学教育学会は大正8年に日本中等教育会として設立され、社団法人日本中等教育数学会、日本数学教育会、日本数学教育学会と名称変更し、平成26年4月1日より公益社団法人日本数学教育学会と公益性を認められ認可されました。私は平成26年6月、会長に就任しましたが、現在に至っても責任の重さを感じ、身の引き締まる思いでおります。これまでの歴史と伝統、そして実績を踏まえた上で、公益社団法人として誠実かつ的確に踏み出していきたいと考えております。

 平成30年8月2日に日本数学教育学会創立百周年記念大会が東京のTFT(東京ファッションタウン)ホールにて開催され,創立百周年記念式典(記念表彰を含む),記念講演,トークショー、そして小学校・中学校・高等学校・高等専門学校を対象とした算数数学の参加型授業やワークショップ,ポスター発表が行われました.また、協力企業14社による書籍,教材,教具等の展示・販売も行われました.多くの方にご参加いただき,盛会のうちに終えることができました。

 この度、平成30年6月より研究部の名称が実践研究推進部となりました。また、学術情報部が新設されました。旧資料部の復活とみてもいいですが、学会誌データベースのJ-STAGE移行が最初の用務となります。本会の所有する膨大な学会誌データを整理し、各論文に対してXMLデータ(書誌情報、引用文献情報)、全文閲覧用PDF、本文検索用テキストの各データを作成する必要があり、これには1年ほどの時間がかかると思われます。

 本学会は、研究面だけでなく、より良い算数数学教育の実現に向け、教育面でもそれなりの役割を担うことが期待されています。数学が実生活や他分野で活用されている実際を皆さんに理解していただき、数学の有用性を鋭意発信していくことも本学会の重要な使命と考えます。また、数学教育の対象を学校教育に限定せず、より広くとらえる必要があります。生涯学習の視点から一般社会人や就学前の幼児を対象にした数学教育も、研究と実践の両面からこれまで以上により積極的に視野に入れていく必要があると思っております。皆様の熱心な活動を原動力に、会員の皆様、各都道府県数学教育関係団体(賛助団体)のご協力・ご支援をいただきつつ進化していきたいと思っております。

 皆様のご意見やご指導・ご鞭撻も含め、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本数学教育学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.