第49回秋期研究大会

日本数学教育学会会長藤井 斉亮
第49回秋期研究大会実行委員長中野 博之

 日本数学教育学会では,数学教育の基礎的・科学的研究を推進するため,1966年に東京教育大学(現・筑波大学の前身)を会場として第1回数学教育論文発表会を開催して以来,毎年論文発表会を開催してきました.2013年度からは秋期研究大会と名称を変更し,数学教育に関する研究のさらなる発展を目指すことになりました.

 日本数学教育学会第49回秋期研究大会を,下記の要領により弘前大学(文京町キャンパス)にて開催します.本研究大会の歴史と伝統にふさわしい数学教育に関する研究を御発表くださいますとともに,多数の御参加を賜りますよう御案内申し上げます.

1 主催

公益社団法人 日本数学教育学会

2 共催

日本教育大学協会 数学部門,弘前大学(予定)

3 後援

文部科学省,青森県教育委員会,弘前市教育委員会

4 日時

平成 28 年 10 月29 日(土),30 日(日)

5 会場

弘前大学 文京町キャンパス  〒036-8560 青森県弘前市文京町1番地
  1. 会場アクセスの詳細は,ホームページ(http://www.hirosaki-u.ac.jp/wp_access.html)を御参照下さい.

6 日程(予定)

平成28年10月29日(土)
08:40~09:30受 付
09:30~11:30口頭発表/論文発表
11:30~13:00昼 食
13:00~14:35口頭発表/論文発表
14:45~15:45学会指定課題研究
15:50~17:50全体会/全体講演
18:00~20:00懇親会
平成28年10月30日(日)
09:00~09:50受 付
09:50~10:35口頭発表
10:45~11:45ポスター発表(※1)
11:45~13:00昼 食
13:00~15:00口頭発表/論文発表
  1. ※1第二次案内では,ポスター発表は1日目の午後のご案内でしたが,2日目の午前に変更しています.
発表プログラム

7 学会指定課題研究

 日本数学教育学会の創立100周年記念事業の一環として,百年史編纂委員会による「日本数学教育学会における数学教育学研究の展開(II)」 の課題研究を設定します.

8 全体講演

 DePaul大学から高橋昭彦先生(東京学芸大学特命教授)をお招きし,ご講演「日本の算数・数学授業研究の海外への普及の現状とこれからの課題」(仮)をいただく予定です.

9 発表申し込み

発表申込みはすでに終了いたしました. 多くの方からの発表申込みをありがとうございました.

10 執筆要領・投稿規定と発表原稿の提出

 発表申し込みをされた方は,以下の要領に従って原稿を作成し,E-mailにて大会実行委員会まで送付してください.

  1. (1)発表原稿のページ数と提出期限  発表形態ごとの原稿ページ数と提出期限は下記の通りです.
    発表形態
    (発表時間予定)
    ページ数提出期限
    論文発表(40分)8平成28年7月24日(日)
    口頭発表(20分)2ないし4平成28年9月26日(月)
    ポスター発表(60分)1平成28年9月26日(月)
    1. 「論文発表」として発表される論文は『数学教育学論究 臨時増刊 秋期研究大会特集号』に掲載されます.
    2. 「口頭発表」・「ポスター発表」として発表される研究概要は『秋期研究大会発表集録』に掲載されます.
    3. 「論文発表」原稿の受付は終了いたしました.
      「口頭発表」「ポスター発表」の原稿提出も,期限厳守でお願いいたします.
  2. (2)投稿規定,執筆要領,原稿書式

    投稿規定・執筆要領,原稿書式,原稿作成用テンプレート(Wordファイル)は,以下よりダウンロードできます.執筆要領に従って原稿を作成して下さい.

    発表形態投稿規定・執筆要領原稿書式テンプレート
  3. (3)発表者カード

     いずれの発表についても原稿提出に際して,「発表者カード」を必ず御提出ください.「発表者カード」は,以下よりダウンロードできます.

    発表者カード
  4. (4)原稿の送付方法

     原稿はそのまま写真製版して印刷する都合上,ワープロで作成した原稿(著者名入りと著者名なしの2種類のファイル)をPDFファイルに変換し,発表者カードとともに,E-mailにて大会実行委員会事務局まで御提出ください.提出にあたっては,執筆要領を参照のうえ,ファイル名等間違いのないようお願いします.なお,締切りの日時を過ぎた原稿は一切受け付けできませんので,予めご了承ください.

     

    【原稿提出先】

    日本数学教育学会第49回秋期研究大会実行委員会事務局宛

    mathedu@hirosaki-u.ac.jp

  5. (5)ポスター発表について

     「ポスター発表」は,発表内容をポスターの形で掲示し,参加者との対話を通して情報・意見交換を行うものです.ポスター発表をする場合は,当日ポスターを持参してください.ポスターは,A0サイズ1枚の大きさで作成してください.ポスターには,タイトル,著者名,所属,そして,研究内容を書いてください.

  6. (6)筆頭著者としての発表件数の制限

     筆頭著者としての発表は,本学会論究部会の決定により,論文発表,口頭発表,ポスター発表を通して1件に制限されています.

11 査読について

 「論文発表」の部に送付いただいた原稿は,論究部が指定する3名の査読者によって査読されます(「適格」と見なす基準は,以下の6点です(論究論文の査読基準を適用)).

  1. ア.投稿規定を満たしているか,
  2. イ.独自性が認められ,しかも関連する先行研究を十分に踏まえているか,
  3. ウ.研究目的は明確に記述されているか,
  4. エ.研究方法は目的の達成にとってふさわしいか,
  5. オ.研究の結果が優れており,その考察は十分であるか,
  6. カ.論文の構成・論旨が適切であり,引用・参考文献は適正であるか.

 なお,査読の結果は9月初旬に論究部長名の文書で連絡いたします.査読の結果,口頭発表あるいはポスター発表に変更して研究発表を申し込む場合は,執筆要領に従って原稿を修正し,9月26日(月)必着で事務局までご送付ください.なお,締め切りの日時を過ぎた原稿は一切受け付けできませんので,予めご了承ください.

12 発表時間

 「論文発表」は40分(発表20分,質疑応答20分),「口頭発表」は20分(発表15分,質疑応答5分),また,各自の「ポスター発表」は約60分の予定です.なお,各会場にプロジェクターを準備しますが(接続はRGB端子のみです),ノートパソコン等は各自でご準備ください.

13 学会賞(学術研究部門)及び(大学院生研究奨励部門)の表彰

 学会誌に掲載された中から,特筆に値する複数の優秀な論文によって表彰する第1項及び数学教育学の学術的研究の発展に対する特筆すべき寄与・研究及び教育の充実に対し永年にわたる顕著なる功績によって表彰する第2項からなる学会賞(学術研究部門)と大学院生(現職教員を含む)による論文発表の内特に優れたものを表彰する(大学院生研究奨励部門)の授与をします。

14 参加申込み等

 発表申込みをされた方も,別途参加申し込みが必要です.下記「参加・宿泊プランの申込手続はこちらから」より,参加申し込みをお願いします.

  1. (1)大会参加登録及び申し込み方法について
  2. 参加登録および申込み受付はすでに終了いたしました. 多くの方からのお申込みをありがとうございました.
  3. (2)懇親会のご案内
    1. 10月29日(土)の大会終了後,18時(予定)より弘前大学文京町キャンパス大学会館1階文京食堂で懇親会(会費5,000円)を開催します.会場準備の都合上,大会参加申込みと合わせて事前申込みをお願いいたします
    2. 懇親会の当日申込みはございませんので,事前のお申し込みをお願いいたします.
  4. (3)昼食弁当のご案内
    1. 参加申し込み手続きと合わせて,1食当たり1.000円(税金込,お茶付)にて,お弁当の事前申込みを行うことができます.
    2. 事前申し込みをされた方にのみ,10月29日(土),10月30日(日)分を販売いたします.
    3. お弁当は,当日販売いたしませんので,事前のお申し込みをお願いいたします.
  5. (4)宿泊のご案内
    1. 参加申し込み手続きと合わせて,宿泊の申し込みを行うことができます.
    2. ホテル一覧は,システムにてご覧いただけます.
    3. 宿泊期間は,平成28年10月28日(金),29日(土)で,宿泊地は弘前市内となります.
    4. 宿泊料金は,1泊朝食付き税込になります.
    5. 朝食が不要な場合でも,特別料金のため料金の変更はございません.
  6. (5)お支払方法並びに確認書について
    1. 大会参加費,懇親会参加費,弁当,宿泊のお支払いについては,参加申し込み手続きページのシステム上において手続きをお願いいたします.
    2. お支払いは,クレジットカード,コンビニエンスストア,銀行振り込みの中からお選びください.(システムに記載されている指定日までにお手続きをお願いいたします.)
    3. 振込手数料については,ご負担をお願いいたします.
    4. お支払い手続き終了後,確認書が出力可能になります.確認書(大会参加,懇親会参加券,弁当券,宿泊登録確認書)につきましては,事前に出力の上,当日必ずご持参ください.
  7. (6)取消料について
    1. 変更・取消に関しては,申込み期限(10月7日(金))まではWeb上で変更できます。再ログインの上,変更・取消操作をしてください。申込み期限以降の変更・取消は,必ずE-mailにてJTBビジネスネットワークJTB東北ECデスクまでご連絡ください.(お電話での連絡は受付いたしかねますので,ご了承ください.)
    2. 予約を取消される場合,お1人様につき,次の取消料を申し受けます.JTBビジネスネットワークJTB東北ECデスクの営業時間内にご連絡いただいた日を基準といたしますのでご注意ください.
     旅行開始日の前日から起算しさかのぼって
    種別2日目にあたる日以前の解除前日の取消当日の取消無連絡
    大会参加費無料無料(16:00までの連絡受付)大会参加代金全額大会参加代金全額
    懇親会費無料無料(16:00までの連絡受付)懇親会代金全額懇親会代金全額
    昼食弁当費無料無料(16:00までの連絡受付)弁当代金全額弁当代金全額
    宿泊プラン6日目にあたる日以前の解除5日目に当たる日以降の解除(取消)3日目に当たる日以降の解除(取消)旅行(宿泊)の前日の解除(取消)旅行(宿泊)の当日の 解除(取消)旅行開始後の解除(取消)または無連絡不参加
    無料旅行(宿泊)代金の20%旅行(宿泊)代金の30%旅行(宿泊)代金の40%旅行(宿泊)代金の50%旅行(宿泊)代金全額

    【お申し込み先・お問い合わせ先】(受託販売)
    株式会社JTBビジネスネットワーク JTB東北ECデスク
    「日本数学教育学会第49回秋期研究大会」係 宛

      フリーダイヤル TEL:0120-989-960 FAX:0120-937-224
      E-mail:tohoku-ec@jbn.jtb.jp 営業時間:土日祝(年末年始)除く平日 9:30~17:30
      住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-14ダイハツ・ニッセイ池袋ビル7階

    観光庁長官登録旅行業 第64号 ㈱ジェイティービー 代理業東京都知事登録旅行業者代理業第 10718号
    総合旅行業務取扱管理者:山岸 哲也  

    旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取扱う営業所での取引に関する責任者です。この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があれば、ご遠慮なく上記の取扱管理者にお訊ねください。

15 冊子(『数学教育学論究 臨時増刊 秋期研究大会特集号』,『秋期研究大会発表集録』)の購入

 当日参加できず,冊子(大会特集号と発表集録で4500円)のみを購入希望の方は,直接大会事務局までお問い合わせください.4500円(会員送料無料)で送付いたします.

16 個人情報の取り扱い

 発表・参加申し込みに関する個人情報は,本研究大会関連以外では使用いたしません.

 

【お問い合わせ先】

〒036-8560 青森県弘前市文京町1番地 弘前大学教育学部内

日本数学教育学会第49回秋期研究大会事務局 田中 義久

E-mail:mathedu@hirosaki-u.ac.jp

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本数学教育学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.