令和4年5月11日

第71回(令和4年度)数学教育高大連絡協議会(第3次案内)

 3次案内をPDFでダウンロード

主催 公益社団法人 日本数学教育学会

 標記の会を下記のとおり開催いたしますので,多数ご出席下さいますようご案内申し上げます.

1 目的

 高大接続の推進に向け互いの理解を深め合う機会として,高等学校と大学の数学教育全般をテーマとした協議内容とし,現在求められている資質・能力や人物像などとともに数学教育の現状と課題を共有し,高等学校における指導の充実・改善を図る.

2 内容

 今回新たにスタートする「数学教育高大連絡協議会」では,たとえば近年SSH等の探究学習や公開講座等で大学から高等学校へ関与していただく機会も増えてきたことから,入試問題を中心とせず高等学校と大学の数学教育全般をテーマといたします.本学会で以前実施していた「大学入試懇談会」では,数学の入試問題の検討が主要なテーマでした.一方,本会では大学と高等学校の数学教育の接点として大学入試を捉えているという立場は変らないものの,具体的な協議内容として,重複もありますが以下のような項目を設定いたします.

  1. 各大学のアドミッションポリシーや入試制度
  2. 高校教育を中心とする教育改革の動向
    (学習指導要領改訂,探究活動,統計教育の充実,行列の扱い等)
  3. 高等学校の数学教育に期待すること
  4. 大学入学者の最近の様子,大学生に求められる資質・能力
  5. その他,高校・大学の数学教育に関わること

 各大学のお時間は30分を予定しております.この時間の中で,各大学の先生と日数教実践研究推進部高校部会の者で協議を進めていく形態を考えております.

3 日時

令和4年5月29日(日)9:15~15:50

4 方法

 インターネットを使ったオンラインによる遠隔開催です.ビデオ会議サービスのZoomを利用して協議会を行います.参加申込みをされた方には,ビデオ会議参加のためのURL等をお知らせします.新たにZoomアカウントを取得していただく必要はありませんが,ビデオ会議に必要な機材およびインターネットへの接続については,各自でご準備をお願いします.

5 参加費

 日数教会員:1,000円 一般:2,000円 いずれも資料集代(pdf版)を含みます.印刷された冊子の資料集が必要な方,資料集のみを必要な方は別途1,000円で販売(冊子,pdf)いたします(送料別).

 新型コロナウィルスの感染拡大や自然災害等により実施できなかった場合にも,参加費は返却できないことをご理解いただいた上で参加申込みをしてください.

6 申込方法

参加申込みの受付は終了いたしました。

7 時程

09:00~オンライン接続
09:15~ 9:20諸注意
09:20~ 9:30開会挨拶
09:30~11:50各大学の発表 午前の部
11:50~12:55昼食休憩
12:55~13:00諸注意
13:00~14:05各大学の発表 午後の部
14:15~14:20全体講演 講師紹介
14:20~15:40全体講演
15:40~15:50閉会挨拶

参加大学

学習院大学  理学部数学科      教授 中島匠一先生
東京理科大学 理学部第一部応用数学科 名誉教授 佐藤洋祐先生
横浜国立大学 大学院環境情報研究院  名誉教授 根上生也先生
一橋大学   大学院経営管理研究科  教授 小林健太先生
東京大学   大学院数理科学研究科  教授 会田茂樹先生
京都大学   大学院理学研究科    教授 池田 保先生

全体講演

講師 情報・システム研究機構 統計数理研究所長   椿 広計先生

演題 「生きる力としての問題解決能力を支える数学・統計数理科学・データサイエンス教育」

問い合わせ先

〒171-0031 豊島区目白4-23-15
公益社団法人 日本数学教育学会
TEL 03-5988-9872   FAX 03-5988-9873   メール info@sme.or.jp