第8回春期研究大会開催のご案内(第一次)

 日本数学教育学会では,平成25年度から,学会の公益法人化に伴う事業拡充の一環として,数学教育の基礎的・科学的研究の一層の推進のために,春期研究大会を開催しています。第8回春期研究大会は,下記の要領により,筑波大学において開催することになりました。充実した研究大会となりますよう,多数の皆様のご参加をお待ちしております。

1.日程

2020年6月7日(日)

2.会場(予定)

筑波大学 春日キャンパス 〒305-8577 茨城県つくば市春日2-1

3.プログラム

09:00~09:30受付
09:30~11:30学会指定課題研究・創成型課題研究
11:40~12:40開会行事,学会総会
12:40~14:30昼食,ポスター発表
14:30~16:30学会指定課題研究・創成型課題研究
16:40~18:30懇親会

4.研究発表(課題研究)の申し込み

 春期研究大会では,創成型課題研究及び学会指定課題研究という2つのタイプの課題研究を予定しています。これらは,オーガナイザーによる企画・運営を基本として研究発表,討議を行うものとします。  

 特に,創成型課題研究については,4~6名程度の研究グループによる自主企画の研究テーマに関する課題を公募します。希望される場合には,別途指定する申込様式によって,

2019年11月15日(金)[正午](時間厳守)

 までに,本ウェブサイトからオーガナイザーが応募して下さい。論究部で審査の上,課題研究の採択の可否をお知らせします。課題研究が採択された後では,発表者・指定討論者の変更は認められません。なお,課題研究が採択された場合,オーガナイザーの責任において研究グループの発表原稿をとりまとめ,提出して下さい。論究部の審査の結果により,発表論文が研究論文として適切でないと判断された場合には,オーガナイザーに修正を依頼します。その修正が十分でない場合,論文集への掲載をお断りする場合があります。

 発表者・指定討論者として参加できる課題研究の数は上限2件までとします。ただし,プログラム編成上調整が必要な場合,ご相談の上,実行委員会で調整させていただく可能性があります。

5.ポスター発表の申し込み

 数学教育に関するポスター発表を公募します。希望される場合には,別途指定する申込様式によって

2020年2月28日(金)[正午](時間厳守)

 までに,本ウェブサイトから応募して下さい。なお,原稿の提出期限は

2020年3月31日(火)[正午](時間厳守)

となります。論究部で審査の上,ポスター発表の採択の可否をお知らせします。

6.参加申込み方法

 詳細については,第二次案内でお知らせしますが,本ウェブサイトより,研究発表やポスター発表の申込様式等を,随時情報提供します。

7.第8回春期研究大会実行委員会事務局

〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学 人間系
礒田正美(実行委員長)
清水美憲
蒔苗直道(事務局長)